プロフィール

平嶋健太郎

Author:平嶋健太郎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ああ、
イドミミズハゼ系がいるのに、ちゃんと見てやれてないな・・・・
(かなり罪悪感)

忙しい、忙しいは、ダメですね。
生き物相手だから、少しでも時間を作らないと・・・・・
河口イドミミズハゼ2 




以前にも、ここの記事で触れたかもしれませんが、
 「あぶってかも」なる魚が手に入ったので、食べてみることに・・・・



そもそも「あぶってかも(炙って鴨)」とは、
何かというと、
スズメダイである。
スズメダイ3
(和歌山なら、どこにでもいる子です)


このスズメダイが繁殖時期になると脂がのって、炙ると鴨肉のように旨い とのことで、
九州の福岡あたりでは重宝されるとか。

こんな感じ(↓)で売られています!
スズメダイ アブッテカモ  スズメダイ アブッテカモ2

たしかに、 「アブッテカモ(なぜかカタカナ)」と書かれている。
(今がしゅん!とも)
「一汐」とは、塩を振ってあるということでしょうね。

ワタ(内臓)とウロコは、そのままみたいなので、ジュウジュウ焼けばいいんだな・・・

そして何気に「鹿児島県産」!
(福岡じゃないんだ(汗))


どこのスズメダイも同じだろうと思うのですが、ちょっとだけ残念なような。
スズメダイ (アブッテカモ) 

鴨のよう、かどうかはさておき、
非常に良い脂ののったスズメダイで、あっという間に食べてしまいました。

これ(スズメダイ)、
和歌山にもいるけど、ここまで脂はのるのだろうか?



旨いですよ(笑)

ハゼ類や赤身の魚の脂とも、ちょっと違います。
イトヨリなど甲殻類系の味がする脂ですが、もうちょとワイルドな。

スズメダイ類には、スズメダイ類の「脂の質」というのがあるんでしょうね。

もっとも、繁殖時期の個体を食べちゃうわけで、
気を付けないと、数が減ってしまいそうです(それくらい美味しいです)。

機会のある方は、是非。
和歌山県産のスズメダイで試しても、いいかもしれません。








スポンサーサイト

2017/05/21(日) 16:44 |
検索フォーム
QRコード
QRコード