プロフィール

平嶋健太郎

Author:平嶋健太郎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
先週末にゆかし潟など、紀伊半島の南へ魚類採集に出掛けました。

が、デジカメのバッテリーが切れていて、
現地写真は、ナシ(汗)

まあ、時々あることです。
重要な調査や家族旅行(笑)だったら大変なことになっていました。


さて、
例年よりも やや遅い感じのビリンゴスミウキゴリ
クボハゼ達の動きです。

ミミズハゼもちょっと渋め。

旧暦でいくと昨年は閏月があり、
例年よりも、ちょっと遅れ目(旧暦だとまだ12月半ばぐらい?)。

そういう影響があるのかなあ・・・などと考えつつ
ゴマハゼや何やらを採集です。

どの魚も、生息地の状況も悪い訳ではないので、
本当に「例年よりもゆっくりしている」感じ ですね。

早速、館の水槽に展示です。

ヒモハゼとか・・・・全然展示に向きませんね~
ヒモハゼ   ヒモハゼ2

小さい細い、地味…
おまけにすぐ隠れるし、他の生きものに襲われるし・・・ヒモハゼ3

そもそも、展示している水族館って、どれくらいあるんでしょう(笑)
小分け水槽に入れても、水抜け穴から逃げ出して、
小分けの外にいる魚に食べられたりするハゼです・・・


ビリンゴも、ちょっと水槽内の個体数が寂しくなっていたので、
増量できました!
ビリンゴ 水槽
婚姻色は、まだまだ「薄め」ですね。

以前採ってきた、チャガラは、
山名学芸員の水槽で元気にしているようで、いっそう鰭が美しくなっています。
チャガラ 水槽

今朝方、飼育していたイイダコの卵が孵化していました。
卵を保護していた親も そろそろ保護から開放されて寿命を全うすることでしょう。
(タコの仲間は、卵を産んで、その保護が終わると
親の寿命もだいたい終わってしまいます)

まだ、孵化していない卵が残っているので、
もう数日は親ダコの最期の姿がみられるかもしれません。




スポンサーサイト

2015/02/08(日) 16:49 |
検索フォーム
QRコード
QRコード