プロフィール

平嶋健太郎

Author:平嶋健太郎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
昨日は、朝から奈良県と和歌山県の県境、果無(はてなし)山脈をウロウロしてきました。

よりによって(自分で計画したんですけどね)、十二月二十日あたりに果無山脈付近を彷徨くとは・・・・
しかも、夜半からずっと冷たい雨が降っています、途中の標高の高い場所では白いものが混じったり・・・
(よく考えると毎年この時期の採集って、こういうパターンありますね)

大森山


一本ダタラ(この地域の「ようかい」)の餌食にされないように気をつけないと。

七色 果無山脈周辺


さて、
熊野川の上流に位置するエリアですが、
ご存じのように、未だに水害のダメージが大きく、復旧と災害対策の工事が盛んな行われ、
大型ダンプや重機がひっきりなしに道を通ります。

また、川原に下りて砂利の採取、残土置き場にしているので
川が荒れています・・・

十津川川原工事中  十津川 

常に濁り水が流れ、河原の形状は いじられていて落ち着かないようです。
これでは水生昆虫も発生しにくく、
魚も隠れ場所を得にくいのでしょう。
だから採集したカワヨシノボリヌマチチブ
かなり痩せている個体が目立ちます。

そもそも個体数が少ないです。


オマケにダムの上流は「外来魚天国」となっていて、残念です。

アユもコイも みな放流モノでしょうね、どこから来たのでしょう?
なんて思っていると、

あれ、こいつは・・・・
ハス


ハスですね。
ハス 顔2  ハス 顔3



ああ、琵琶湖・淀川水系から来たんですか(泣)

紀の川や有田川、富田川などアユの放流をやっているところでは出てくるですね。

ブラックバスなんかが害魚扱いされる前は、このハスが「フィッシュイーター」として知られ、
アユの天敵のように睨まれていたと聞きます。

そのハスが、アユと一緒に全国に撒かれるとは、皮肉なモノです。
大体、オイカワやワタカもセットで混入していますね(汗)


よほど、一本ダタラより怖いかも・・・

さて、少々 熊野川を下って本宮と新宮の境を目指します。
熊野川 本宮町渡瀬より津荷方面

このへんも工事が多く、バイパスが どんどん付いています。
観光バスのため、あるいは災害時の為でしょう。



色々と採集しつつ、気がつけば古座川河口へ・・・

凄い波浪で沿岸での採集は到底不可能です。


漁港で状況を確認、「あきらめて別の場所へ」と思ったら、
古座川河口  クレーン船座礁  
         これって(↑)船ですよね??

クレーン船座礁 古座川河口

大きなクレーン船が座礁していました。
近くのコンビニで話を聞くと、一週間ほど前に座礁した韓国籍の船らしいです。
船員はもう脱出済みでしょうから、まあ、よかったか。。。?

しかし、回収するのも一苦労ですね。

橋杭岩の大荒れでしたが、
橋杭岩 波浪
橋杭岩 波浪2
橋杭岩の周りに転がっている大きな岩が大人の背丈ぐらいだから・・・凄い波ですよ・・・


西側はちょうど風裏になっていて、思いの外 穏やかでした(東側が酷すぎでしたね(汗))


イドミミズハゼなどにも会えましたし、まずまず
イドミミズハゼ イドミミズハゼ2


取り憑かれずに無事に帰ることが出来たので
感謝ですね(笑)



スポンサーサイト

2013/12/19(木) 17:00 |
検索フォーム
QRコード
QRコード