プロフィール

平嶋健太郎

Author:平嶋健太郎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
長い長ーーーーーーい、事務関係の仕事がようやく区切りがつきました(汗)

ここから、巻き替しです!!


「夏休み」ですから、色々ありました。

イベントに台風(地学子ども博士コースは残念でしたね)、
友人や知人のご来館!(うれしいですね)
お世話になっている漁師さんや地域の人のご来館!(有難いです)

そんな方たちへ十分に対応できない程の駐車場整理!!
(お客さんが多いのは、有難いのですが、学芸員としての業務が・・・)

由良の海岸.  小浦の集落 由良から広川海岸.
 

特に嬉しいのが、昔よく来ていた子が成長して、また来てくれたり・・・・

あまり嬉しくないですけど、こんな子)も

カミツキガメ

人的被害が無かったので、良かったとしますか(汗)


「カメ」と言えば先日、こんなことがありました!

お盆期間の閉館後、
もう帰ろうと、準備をしたところ、

山名学芸員から
「大水槽の吸水口の方から、変な音がしませんか?」とのこと。

「ん? 確かに何か吸い込んでいるような、引っかかっているような・・・・・・」


先ほど松野学芸員らと確認した時は、原因は不明だったそうで・・・・・・

吸水口の近くを見ても、既に暗くて よく判らない。
たしかに、音はおかしい。

ちょうど給餌の後だったので、
色々と食べ残しが、ごみ取りメッシュに詰まって水位が高めなのか(一時的で、いずれ下がる)

それとも、
食べ残しそのものが、吸水口に詰まったのか。。。。?(アジ丸ごととか、カツオの頭とか(汗))

後者だと、厄介だ。

ちょっと懐中電灯を取に行って確認すると・・・・

kame.jpg

あ・・・・・・・


あああ~~~


見事に吸水口にアオウミガメの子が、インしています。

吸い込まれず、
かといって自力でも出られるほどでなく・・・
がっちり吸い込まれてハマってます。
kame22.jpg
(奥の赤茶色の物体が、カメの甲羅です(笑))

幸い首を伸ばせば呼吸はできているよう!!

これはエライことになった!
と山名学芸員と大笑い!!
(カメh無事だし、もうやること決まっているので笑っておきます)


ちょっと手は届かないので、
(両手でがっちりつかまないと、水流に負ける!万一カメが吸い込まれたらそれこそ一大事!! )

即席の「たらい舟?」で山名学芸員が出撃です!
(私は、船がひっくり返らないように、抑える役)

ちょうど水槽裏で濾過槽に使っていた大型コンテナを切って、再利用を考えていたところでした。


そして見事に、アオウミガメの子、回収!!
kame33.jpg

あとでカメの様子を確認しましたが、
とくに水を飲んでいないようでしたし、甲羅にも大きな傷はなく、
竹中学芸員の判断で、暫く別の水槽へ移動です。


夏は忙しいのですが、油断すると大きな事故にもつながるので
注意は怠れません。

週が明けたら、中谷学芸員と、ゆかし潟での観察会です!
ハゼですよ!ハゼ!!
ちょっと天気が気になりますが、南紀は降って当たり前ですから(雨男の開き直りです、笑)


ちなみに、カメのその後ですが、
残念ながら、カメを助けた山名学芸員にも私にも
まだ、竜宮城への招待は届いていません(笑)










スポンサーサイト

2017/08/19(土) 18:41 |
既に、揖学芸員の方から紹介がありましたが、
先日、和歌山市内の用水路からアカヒレ(コッピー)が見つかりました

一般の方が見つけて、当館に持ち込んでいただいたのですが・・・・ついに出たか、と言う感じです。

見た瞬間に、「アカヒレ!!」
と思いましたが、
冷静に、見直しても・・・・ アカヒレでした(泣)

アカヒレ   アカヒレ2

数年前から あちこちのホームセンター等で安価に売られていて、

「これはそのうち、野外で会いそうだな(汗)」

と覚悟していました。

原産地の中国では、絶滅した と聞きますし、
最近見つかった生息地のベトナム北部(だったっけ?)も、
安泰ではないのでは(日本でこの価格で売られていたら・・・)

かわいい魚なのですが、
意外と(?)、野外で繁殖していないようで
日本では沖縄で見られる程度のようです(気が付いていないだけかも)。

いずれにしても、
希少な(希少になってしまった?)魚が、安易に売買、放流される現状は、良い訳がないです。

まだ確認個体は少ないのですが、
これ以上、現れないことを祈ります。


ところで、台風が近畿地方にも接近してきますね。
当館としてもイベント等がありますが、

みなさんも、海や山、川では、無理せずに、安全第一で、お願いします!

2017/08/04(金) 17:44 |
先日(23日)行われた
田辺市新庄町の内之浦干潟での

「干潟の生物観察会」に参加されたみなさん、
お疲れ様でした!

結構、日焼けしたね、あと泥と…(これは、毎年ですね、笑)

カニがたくさん取れましたね、他の生きものや行事風景の画像は、後日で(まだ、編集できてない、汗)

ヤマトオサガニ  シオマネキ オス 

シオマネキのオスは、最大級のサイズでした~
カニはほかにも、チゴガニ、コメツキガニ、ヒメオサガニ、ハクセンシオマネキ、アカテガニ、
ベンケイガニ、クロベンケイガニ、ガザミ、など等

他にも、マハゼ、ツマグロスジハゼ、アベハゼ、トビハゼ、マサゴハゼ、ヒメハゼ、ミナミヒメハゼ
クサフグ、サザナミフグ、ボラ類、ヨウジウオ・・・・魚も色々


でも、個人的には、これ…最後に持ち込まれた、このハゼ・・・・


オキナワハゼ   オキナワハゼ顔  


尾鰭と胸鰭の片方を怪我していましたが・・・オキナワハゼでは?

いや、これオキナワハゼですよね?

汽水域で、出るんや・・・・
そして、ちゃんと見るの久しぶりです!(和歌山では、初めて!!)

これ、もっと採れないかな・・・とすぐに欲が出ますが、
採りに行けないのが、今年の私の状況・・・・情けない。

まあ、寒くなるまでに、絶対行きますけどね(長期計画やな、笑)

2017/07/26(水) 19:36 |
いよいよ夏休みが始まった小中学校も多いと思いますが、
当館の特別展、「興味津々!深海魚」が昨日から開催しています!!

担当の揖学芸員はじめ、
準備などに当たった皆さん、ご苦労様でした!!

入口は こんな感じ・・・一部、会場に入りきらない展示物もありますが。
入口  ねっと

会場の中へ入っていくと。。。。
標本だな    標本だな2

標本棚にレイアウトされた標本が びっしり。
フクロウナギ  アクマオニアンコウ   ホテイエソ  ひげ  ハシナガソコホウボウ



揖学芸員らしい「ながもの(ウナギ目など)」の展示物も、ちらほら
オキアナゴれぷと  オキアナゴ変体期
残ながら、ベタハゼカワリミミズハゼは今回出ていませんが、
また次回の「深海魚企画」で!!(笑)

背後には、
畔田さん  水族誌
深海ざめ
歴史的な
背景や、大型標本が!


お約束?の水圧の解説も
かっぷ


展示解説書やトートバックも販売中!解説書


まだまだ いろいろな標本がありますので、
是非、開催期間中にお越しくださいね!

これだけ標本と歴史的な資料が集まることも、珍しいと思います。

明日は、私は「干潟の生物観察会」
お天気も、渋滞も心配ですが・・・・良いハゼが出てきてほしい!!

2017/07/22(土) 12:35 |
海の日を迎え、
いよいよ「夏」ですが、
当館の特別展も7月21日(金)から開催です!!

テーマは深海魚!
とくてんポスター  とくてんポスター2

「興味津々!深海魚」ということで、揖学芸員が担当しています。
まだ準備中ですが、展示会場を覗いてきました(手伝えって、笑)

とくてんレイアウト  とくてんレイアウト2

実際に特別展がオープンしたら、もう少し明るく、標本数は多くなると思います(多分・・・)。

とくてん畔田さん
和歌山が誇る、畔田さん もご参加です(笑)


とくてんしゃちぶり

これはタナベシャチブリですが、ただのタナベシャチブリではありません!
宇井縫蔵から田中茂穂博士に送られて、記載に用いられた標本です。

しかも、記録上、行方不明になっていた(汗)


他にもいろいろと・・・・・・・・・
とくてんレイアウト4  とくてんレイアウト3  とくてんレイアウト5


当館恒例の特別展ピンバッチ・ガチャガチャもあるし、
来館者にはポストカード
のプレゼントも!
(ポストカードは、なくなり次第終了)

とくてんガチャ
揖学芸員が他にもいろいろ考えているようですので、ご期待ください・・・開催予定日に間に合うか!!?

2017/07/17(月) 17:57 |
検索フォーム
QRコード
QRコード