FC2ブログ

プロフィール

平嶋健太郎

Author:平嶋健太郎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
先日も ちょこっとお知らせしましたが、
1月20日(日)、13時から大阪市立自然史博物館にて
シンポジウム「はぜ!ハゼ!鯊!~ハゼの多様性と生態の魅力に迫る~」が開催されます。


ハゼの生態について5名の研究が分かりやすく、紹介します。

当館の國島学芸員も参加しますよ!

もちろん私も若手に混じって、お話しします(笑)、ってHPの順番的に先発ですかね?

詳しくは大阪自然史博のHPをご覧ください
https://www3.mus-nh.city.osaka.jp/scripts/Event.exe?C=0&G=%93%C1%95%CA%83C%83x%83%93%83g

鋭意、準備中です!
スポンサーサイト

2019/01/04(金) 15:55 |
明けまして、おめでとうございます。

本年も、当館をよろしくお願いします。

願わくば、昨年よりもハゼを沢山アップしたいですね。

開館は1月4日(金)9:30よりですが、
飼育やメンテナンスがあるので
あまり のんびりもしていられません。

エサをやったり、普段できない掃除をしたり・・・・
こういう作業が重要なんですが、なかなか出来ないことが多いので。

ひっそりした館内も悪くないです(笑)
水槽群


玄関ホールは、干支の展示(いのしし)の準備中。


第二展示室は、恒例のニホンオオカミの展示準備が進んでいます。
1月いっぱいの展示ですので、是非!
オオカミ

そしてこちらにも、イノシシが・・・
いのしし

大型哺乳類が並ぶと、見ごたえありますね!

これまでは哺乳類の担当学芸員がおらず、なかなかこういう展示はありませんでしたが、
佐々木学芸員のお陰ですね、迫力満点です!

かつては紀伊半島の山奥で、ニホンオオカミとイノシシは出会っていたのでしょうね。

きっと足元の細流にはナガレホトケドジョウとか居たり・・・


2019/01/02(水) 17:03 |
いよいよ年の瀬。
今年も色々ありましたが、いかんせんフィールドワークが減ったなあ・・・・(泣)

最後の最後、28日に昆虫の松野学芸員と高野山近くまで生物採集(ヤゴがメインで)行ってきました。

朝からの・・・・・雪が舞う状況・・・・和歌山ではめった居ない状況に

「多分、大したことなく止むから・・・・(汗)」と出発。

あれ、
目的地の方向が見えない・・・ホワイトアウト状態!
超えるべき峠の山が、山ごと真っ白い雪雲に覆われています(汗)

そういえば目的地は高野山の近くでしたね(爆)
高野山は和歌山では、トップクラスの降雪地域!


まあ、そんなこんなでたどり着いたのが。


雪の真国川   雪の真國


はい、雪と氷の世界!!(爆)


これから水生生物を採集しようというのに!


いや、これは「川の水の方が暖かい!」という展開かな?

しかし、高野山からの水は、驚くほど冷たかったとさ・・・・・・・・・



それでも、仕事はします(当たり前ですが)
カワヨシノボリはじめ、カマツカやらシマドジョウやらタカハヤ、カワムツ、オヤニラミ・・・・
かまつか  やご

ヤゴも色々、採れました!!

まあ、やはりフィールドは、どういう状況でも、楽しいですね!

皆様も佳いお年を、お迎えください!!

あと、
1月20日(日)午後、大阪自然史博物館にて、
私と当館の國島学芸員など数名のハゼ研究者が集まってシンポジウムやります!

基本的に入館料のみなので、ご興味のある方は是非、お越しください!!

詳しくは、後日お知らせします!!














2018/12/30(日) 11:43 |
今年も夜間採集の時期がやって参りました!!

色々あって、12月半ばも過ぎたこの時期に、
山名・國島両学芸員に助っ人の松野学芸員を加えた4人体制で
今年度、初の夜間採集です!!

冬場は夜間の方が潮がよくひくので、このような時間の採集となるのです。

それにしても、気になるのは、妙な暖かさ。
12月とは思えない、気温で少々心配です。

まずは、色々と集めたいモノがあるので、田辺湾周辺をウロウロしつつ南下します。


しかし・・・・

秋の台風の影響か、地形が変わる程の海岸が多く、生物も全体的に少ない・・・・
そういえば、黒潮が大きく紀伊半島から離れていましたっけ(汗)
カゴカキダイ 幼魚  コトヒキ 幼魚   カエルウオ 

カゴカキダイコトヒキの幼魚、カエルウオなどを確認したものの、期待していたものは無し。

あまりよいモノを採れないまま、目的のポイントへ!!

ようやく多少は面白そうな魚も現れつつ、甲殻類など展示生物を採集。

山名学芸員はナマコ類
私や國島学芸員は魚類(おもにハゼ類)、
松野学芸員はウニとカニが気になるようで思い思いに採集。
ハクセンスズメダイ 幼魚  タカノハダイ 幼魚
マトシボリ 幼魚  マトシボリダイ 幼魚 顔
スジイシモチ 幼魚  ツルウバウオ 
ハクセンスズメダイやタカノハダイ、マトシボリにスジイシモチ?など比較的面白そうな種が取れました。
他にもオヤビッチャやシマスズメダイ、ボラ、コボラ類、カエルウオなど。
ウバウオの仲間はツルウバウオだけでした。

ハゼ類はイソハゼ類が非情に少なく、クモハゼ属もクモハゼスジクモハゼばかりで、少しヤハズハゼが現れる程度。
ドロメはいるけど、クツワハゼは現れず、セジロハゼ類も1個体のみ。

イソハゼ 
他にも


無脊椎はそれなりに出て、

パッと見は、小指の先ほどの大きさのカイメンの仲間のようですが
裏返すと・・・・・
フクイカラッパ? 表

カイカムリの仲間でした!!
フクイカラッパ?
多分、フクイカムリだと思います!

またホシムシの仲間やギボシムシの仲間(↓)も。
ギボシムシの仲間 

以前も採れていたのですが、
魚がパッとしない分、他の生物の観察、勉強ができました。

早速、展示の準備です!
(ギボシムシの仲間は、展示予定ないです、すみません)

2018/12/24(月) 14:49 |
先日の有田川での魚類採集のヨシノボリたちの撮影をできたので、
早速アップします!

こういうのも久しぶりで、本当に「ここのところ、ちゃんと研究できていないなあ」と実感・反省

このままじゃあ、いけませんね。。。

今年のうちに、気が付いただけ良かったのか、どうなのか。



まずは下流でたくさん採ったシマヨシノボリとかゴクラクハゼとか(笑)
シマヨシノボリ 稚魚  シマヨシノボリ 稚魚2  シマヨシノボリ オス
シマヨシノボリ オス顔
ゴクラクハゼ オス  ゴクラクハゼ 2 
チチブ   チチブ オス   チチブ 顔

案外、こういう”普通種”の画像が無いものなので、
状態が良い個体があるときに撮っておかねば!




上流で採ったルリヨシノボリカワヨシノボリ等も貼っておきます。

カワヨシノボリ 稚魚   カワヨシノボリ 稚魚
ルリヨシノボリ オス  ルリヨシノボリ オス 顔  ルリヨシノボリ メス顔 
ルリヨシノボリ メス3   ルリヨシノボリ メス  ルリヨシノボリ オス3
ルリヨシノボリ オス4  ルリヨシノボリ オス顔


他にもサワガニとかカワムツとかヤマトヌマエビとか採れましたが
そちらは早速、飼育の方へ。

もっとちゃんと採集と記録、できれば飼育できる時間が欲しいです。
来年は、どうなるかな・・・・・(泣)

2018/12/21(金) 12:49 |
検索フォーム
QRコード
QRコード