プロフィール

Author:平嶋健太郎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
ようやく春めいてきたかと思えば、冷え込んだり。
まさに三寒四温ですね。

春の魚と言えばメバル(シロメバル、クロメバル、アカメバル)やシロウオが知られていますが、
サクラダイもいますね!

春先に漁獲されるマダイを「サクラダイ」と言って流通したりしていますが、
標準和名サクラダイと言えば、これ(

サクラダイ3


数匹新たに加入しました!
サクラダイ  サクラダイ2  サクラダイ4


上手く馴染んでくれればいいけど、どうでしょうかね?
案外、気が強いので元々いた魚がやられるかも(笑)


スポンサーサイト

2017/02/22(水) 16:10 |
本日は「雨水」の名の通り、
暖かい一日でした(風は少々ありましたが)。

そんな中、せっせと裏方の片づけ等やっていました。
案外、こういう地味な作業を、ちゃんとやっておかないと、大事な時に響くんですよね(汗)

春に向けての準備です!

春と言えば、先日展示用の生物を頂きに唐尾漁港へ行ったのですが、
途中の西広海岸も春らしくなっていました。
西広海岸 2017.02.14.  西広海岸2 2017.02.14.

昼の時間でも、潮がよく引くようになりました。


鷹島 湯浅湾 2017.02.17.
鷹島も目の前です。
この辺までは黒潮の分流の影響で造礁性サンゴが多くみられます。


唐尾漁港 
前から、ちょっと気になっていた唐尾漁港の一角にある社。
「金毘羅さん」でしょうか?
唐尾漁協 金比羅さん? 2017.02.14.  唐尾漁協 金比羅さんの鯛

少々デフォルメされていますが、手作り感のある真鯛?(鰭長真鯛?)がいます。
地域の人に大事にされている感じがあって、良いですね~


hina1.jpg
ところで先日、こちらでも紹介した「ひな人形」ですが、
当館の職員たちの手にかかり・・・・

hina.jpg
hina3.jpg
このようなこと()に・・・・

たも網は、だいぶ力を入れて作られています(笑)
ちょっと烏帽子(?)がずれても「笑顔」なところがいいですね。

ミナミハコフグ、ゲット!です。


最近は、サラサハゼもよくエサを食べてくれるようになったので、
ミナミサルハゼと共に、「もぐもぐ」やっています(笑)。
サラサハゼ   ミナミサルハゼ 

ミナミサルハゼは、もしかして当館の飼育期間、最長記録?かも(汗)
まあ元気なら、それで良いですよ~


2017/02/18(土) 18:06 |
寒い日が続いていますね。

何とか和歌山県北部の平野は積雪は免れている感じです。
(今後は不安ですが)

そんな寒くて風も強い大荒れのなか、魚採りに行ってきました。
場所は印南町、みなべ町周辺です!!


朝の吹雪にも負けずに、最初の採集地、切目川を目指します。

山間の道を登っていくと、徐々にアスファルト上にシャーベット状態の雪(の名残)が・・・・
そのまま登っていくと、シャーベットが白っぽくなり、最後は轍のみをシャーベットで残して真っ白に(汗)

やばい!
この車(公用車)ノーマルタイヤだよね??



ふと、見上げれば・・・広川ダム下 2017.02.10.

ああ、これはアカンやつ、や・・・


「こんな雪景色で、ダムが決壊する映画かなんか、あったなあ(笑)」などと
思い出しつつ、
これ以上の車での前進を断念(笑)



近辺で採集できそうな場所を探します。

広川ダム 2017.02.10.  広川ダム2 2017.02.10.

でも、 「無理やろ」って感じですね。
安い薄手のウェーダーでは、瞬時に下半身の体温を奪われますね(汗)

それに、ここら辺はどこも、新雪だし(足跡ついていない)って、
これって倒れたら人が通らないから放っておかれちゃうパターンだな(汗)

多少、スリップ気味のタイヤに気を配りつつ、脱出!
(本当は、無理やり川に浸かって、ちょっとだけチェックしましたけど(笑))

人の気配がある里へ
(倒れる予定はありませんが、安全に採集したいし)
ウメの木  ウメの木2
梅の木がたくさんあります!
みなべ町は梅林も有名ですね。
こんな寒さでも つぼみが大きくなっています。

日当たりが良いと、ご覧のように(↓)咲き始めています。
ウメの木3
ちょっとした淵をせめて「カワムツ祭り」・・・ひと網、数十匹単位で採れます。

寒い時期だとなかなか魚影を見つけられませんが、
深場に集まった群れなら、まさに一網打尽も夢ではありません!
カワムツ メス2

「打尽」と言っても、採り尽くす気もないし、必要なだけ採集したら別のポイントへ!
おまけにカワヨシノボリ数個体とヤマトヌマエビも

しかし、基本的にカワムツばかりで、他のものがいない・・・・

ハゼがカワヨシノボリしか出てこないぞ!

そして、冷水で 手はかじかむ ばかり・・・


不動さん  切目、小原集落のお不動さん 
近くに、祠が・・・

この辺は熊野古道の一角らしく、様々な歴史的なものがあります。
お不動さん でしょうかね?
ちゃんとスイセンの花などが供えられていました。

足元に三猿らしき彫り物も・・・・今日のところは、「採らザル」は避けたいところですね(汗)


気を取り直して、海辺へ!!

森の鼻 鹿島 みなべ町 2017.02.10.

すさまじい風です。

気を抜くと、採集物をいれたバケツ(トスロンバケツ)が飛んで行って、
これまでの成果(採集物)を、ぶちまけてくれます(3回やられました)

そもそも、手がかじかんで、ちゃんとバケツを握れない・・・(汗)

ミミズハゼ類を探すも、成果は薄く。
アゴハゼが出るばかり!
アゴハゼ メス2
(イメージ、以前採集した個体です)

産卵時期を控えているので、お腹の大きなメスが多くて、ちょっとかわいそうだからリリース、なんてしていると
バケツごとひっくり返される(汗)

結局、山名学芸員にお土産のイカリナマコ類数匹と、
タッチプール用の貝類、カニ類、ヤドカリ類、エビ類などを採集。

そんなことをしている間に、雪雲が迫る・・・・
田辺湾の雪

まあ、山にも海にも春の気配(梅やら、アゴハゼさんやら)を確認できたから、良しとしますかね。


みなさんは無理のない採集をしてくださいね。
私も紀伊半島南部に行きたいのですが、天気は暫く荒れ模様ですかね?




2017/02/11(土) 14:42 |
和歌山県北部でも、朝から冷たい雨が降っています。
標高の高い場所では雪かもしれませんね・・・・

このまま夜になれば平地でも雪、ありうるかも(汗)


そんな、寒い季節ですが、
ご存知のように、今年も海南市、とくに黒江地区中心に「ひな飾り」のイベントが進んでいます。

当館でも ご覧のとおり(↓)

雛人形  雛人形2

春の気配なら、水中でもマダラエイ達の求愛が始まっています!
マダラエイ ♀

毎年のことですが、オスがメスの尾部の付け根あたりに噛みついて求愛します。

この時期は、何度噛みついても、メスにフラれて…の繰り返しですけどね。

そのうち、画像(見にくくて、すみません)のように
白く表皮がはがれ、血がにじむようになります。
マダラエイ ♀2


人間の目から見たら痛そうだし、ちょっと かわいそうだけど、

これが彼らのプロポーズなのだから、見守るしかないですね。


例年、3月中ごろまでは続く感じです。
上手くいけば5月の連休後に、子が生まれるかもしれません。

しばらくは大型エイの追っかけっこで、水槽はバタバタしています(汗)



2017/02/09(木) 14:31 |
本日は節分、つまり明後日は立春なはずですが、
まだまだ寒いです。
昼の時間は「延びてきた」実感がありますが、天気が悪いとまだまだ明るい時間は貴重ですね。


さて、
ちょっと前に「第64回 魚類自然史研究会」の案内がありましたね。
次回は3月11,12日 岐阜県立博物館で開催のようです!

え~と、3月のこの日は・・・・外来カエル退治が既に予定されている・・・・(笑)
う~ん、一日だけの参加(実際は半日足らず)は、ちょっと寂しいな・・・
岐阜まで行くのだから生物採取しても、不完全燃焼になりそう(汗)

とりあえず私は参加保留ですね。
気のなりますけど・・・

研究会のお知らせは さておき、

先日、当館の直下にある小さな干潟に
ゴイサギの幼鳥と思われる鳥が来ていました。
ゴイサギ幼鳥2 館下 2017.01.31.

山名・竹中両学芸員が見つけたのですが、
どうも干潟の泥に慣れていないのか、脚を取られてヨロヨロ歩いています。

試しに、(魚の)餌の冷凍キビナゴを放ると寄ってきて食べたようです。
まだ「狩り」が下手なんでしょうか?

ゴイサギ幼鳥4
そもそも、ゴイサギの子ってこんな時期に独り立ちするんですかね?
水辺で見かけても、薄暗い時間だったり、あまり近づかせてもらったことがない鳥なので、
じっくり観察できました。

それから広川町の唐尾漁協さんからチャイロマルハタをいただきました!!チャイロマルハタ 唐尾 2017.01.31.

ヤイトハタやヒトミハタとも体の斑紋や体型が違いますね~(多分(汗))
この体の赤茶色の斑紋が特徴です。密集しすぎず、角ばらず、流れ紋にならず。

学生時にマングローブで本種を見つけると、 「チャマル!チャマル!!」とハゼ用のタモ網から
大物用の網に替えて採集したものです。

沖縄の大浦湾あたりで よく見た記憶が・・・・今は米軍基地で揺れていますね(汗)

紀伊半島では、
以前、串本那智勝浦、三重県の尾鷲で比較的大型の個体を確認していますが、
湯浅湾にまで広がってきましたか・・・・(南方系の魚なので、元々いないと思います)

結構、北上してきましたね、和歌浦湾でも出てきそう・・・(汗)

身は美味しいみたいなので、単純には漁業者さんには良いかもしれませんが、
海水温も温かくなってきているみたいですね・・・

唐尾漁協さんからは時々面白い生き物を頂けるので、ありがたいです!!

2017/02/03(金) 11:37 |
検索フォーム
QRコード
QRコード