fc2ブログ

プロフィール

平嶋健太郎

Author:平嶋健太郎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ここのところ、雨もなく暑い日々が続く和歌山県北部です。

高野山や龍神村などに いけば雨も期待できそうですが、
…・・厳しい・・・・・



しかし、きっと季節は巡っています。
先日も「立秋」を過ぎました


そろそろ死滅回遊魚を採集に行きたい!!

ということで
最近、標本にした幼魚を紹介します。

こちらはオキザヨリ!(多分)
オキザヨリ 幼魚オキザヨリ 幼魚 顔
生きている時は、「泳ぐ茶色い棒」(笑)
いやワラ屑かな?

もっと茶色くて、直線的に、でも時々くるりと旋回して泳ぎます。

幼魚でも歯は鋭いです!

成魚の標本は あったと思いますが(串本あたりの)、幼魚の標本は初かも??



つづいてオカメハゼ!
こちらは紀伊半島南部の汽水域から。
オカメハゼ 幼魚 

久しぶりのオカメハゼの幼魚です。


今回のエリアからの標本は・・・・意外と無いかも・・・・


本当は台風の後など、期待していましたが、待っていられないですね。
そろそろ、流れ藻や港へ魚を見に行かねば!
スポンサーサイト




2022/08/11(木) 10:14 |
昨夕は、
今年度の特別展「海水と淡水の交わるところ~汽水にくらす魚たち~」
付帯講演会「汽水の魚のおはなし」を館内大水槽前で開催しました!
kouennkai.jpg

琉球大学の立原一憲教授福岡工業大学の乾 隆帝教授をお招きして
楽しいひと時を過ごしました。kouennkai2.jpg
kouennkai3.jpg

内容も盛りだくさんで、事前受付した参加の皆さんにも楽しんでいただけたと思います
(コロナがなければ当日参加とか、募集したかった・・・
kouennkai4.jpg

講演後の質問やトークの時間も盛況で、
こういうイベントを皆さんが欲していたことを実感しつつ、
もう少しの間、感染症予防を進めつつ、様々なイベントを対応しないといけないですね。



2022/08/10(水) 11:14 |
日記 立秋
本日は「立秋」らしいですが、
全然ダメです、暑いです!(笑)


みなさんが普段、歩いている空調の効いた(感染症対策で、換気してますけど)観覧通路と
壁一つ隔てた水槽裏の作業スペースなんて・・・・
水槽裏

クーラーからの熱風
濾過槽からの湿気
照明(メタハラ等)の
そして南から西向きのエリアは日射によって建物壁面が焼かれるので、その熱気も上乗せされて・・・

そこでの肉体作業など(ほぼ毎日ですが、汗)、
そりゃもう・・・炎熱地獄ですよ(笑)
水槽裏2

実際に水槽裏へ入ったとたんに、眼鏡が曇ることあるしね・・・
あまり考えない方がいいです(笑)

水槽裏に、秋はまだ遠いですね。


さて、
最近は来館者も増えてきて、ありがたいのですが、
タッチングプールは、まだ「タッチ禁止」の状態。
たっち

ポールで閉鎖して、簡単な看板をしています。

が、アクリル面のシールがはがされる事案が続いております!
(まあ、全然いいんですけどね、笑)
たっち2


触れない、侵入できないはずなのに、シールだけはがされる。

どうやら、うちの来館者には、
「能力者」「スタ〇ド使い」が紛れ込んでいるようですね(笑)


皆さんが怪我せず健康なら、担当としては喜んで、何度でも修繕しますので、
くれぐれも手指の消毒とマスク着用、お気を付けください!
このような事案を鑑みるに、いろんな方に、ご来館いただいているようですので。

今後も、色々な皆さん ご来館おまちしております!!

2022/08/07(日) 11:17 |
はぜ

当館の友の会の会員であり。ハゼの研究をしている池辺さんが
「変なハゼ展」を今年も開催しています!

写真やグッズだけでなく、ハゼ類の生体展示もあるので、最寄りの際は、ぜひ。
はぜ2
今月11日から15日は、「変なハゼ展3」


はぜ3

すでに始まっている「変なハゼ展2」は、今月7日まで!!

いずれも和歌山市内ですが、開催場所、時間が違うので、お気を付けください。


ついでにお知らせです。

ぽた

奈良県川上村の「森と水の源流館」が発行している機関紙「ぽたり」に、記事を書かせていただきました!!

最近、何かと お世話になっております!

ぽた2

ハゼに限らず、淡水魚を食べる文化について触れています(主に紀の川流域です)。

アユやアマゴ、ウナギ以外にも、おいしい川魚、美味しい食べ方がありますので、
知っておいて損はナシ!
保存食としても重宝された川魚料理について、ちょっとだけお話をさせていただいています。


さらに、
私と川上村の釣り名人、加奈(なか)さんとの魚談義も収録していただきました!
ぽた3

こちらは、お話が盛り上がりすぎて、
次回(後編)へと続いてしまいました・・・・すみません。

というわけで、
次回の「ぽたり」もお楽しみに。

夏休みに川上村へ行かれたら、「ぽたり」を手に取ってみてくださいね!


2022/08/05(金) 18:29 |
夏休み期間中は、多くの方に来館いただいております!
特に子供たちは、たくさん来ていただいております!

もちろん中学生、高校生、大学生も大歓迎!!


必然的に、問い合わせや持ち込みも多くなり、
大忙しの、「うれしい悲鳴の日々」を送っております!!

なにより、この時期の魚の持ち込みは、だいたい幼魚(魚の子供)。

種類の判別(同定)が、難しいのが多いんですよ(汗)

こちらは、ブダイの仲間の幼魚です。
アオブダイ 幼魚 アオブダイ 幼魚2 
アオブダイのようですが、もう少し飼育してみようかな・・・・・

大人になると、おおよそこんな感じ(↓ブダイの画像しか無くてすみません)・
ブダイ 


全然、別物です!!
いや、むしろ どこでこうなった?
話を聞いてやりたいぐらいです。



続いても、同定が難しいベラの仲間の子供(汗)
コガシラベラ 幼魚 コガシラベラ 幼魚 顔
コガシラベラ(?)みたいですが、ベラは色彩ばかりか、体形まで成長とともに豹変するので
難しい・・・・


ここからは、職員の採集ですが・・・・
先日採集へ行った汽水域の魚たち!!

クロコハゼ 2 クロコハゼ 顔 
チチブモドキ 幼魚 顔 
クロコハゼチチブモドキ(幼魚)

クロコハゼは、基本暗色ですが、よく見ると模様があって、渋い良さがあります!
チチブモドキも、一緒に入れる魚やエビを食べちゃう大食漢ですが、見た目は渋めの「渋いコンビ」

こちらは繁殖時期真っ最中のサツキハゼ!!
サツキハゼ サツキハゼ 3 
ベニツケサツキハゼもいましたが、どこか行ったかな?
水槽には居るはずです!!

最後はオカメハゼ(幼魚)
オカメハゼ 幼魚オカメハゼ 幼魚 顔 

見た目からして、さっき出て来た 「チチブモドキのお仲間」であるとわかりますね(分からないかな?笑)。
南方系のハゼで、このサイズは久ぶりかな?
私が採集へ行けなかっただけかな(泣)

カッコいいです!
展示には、もう少し育てないと・・・・チチブモドキにたべられそう・・・・

2022/08/04(木) 10:53 |
検索フォーム
QRコード
QRコード