FC2ブログ

プロフィール

平嶋健太郎

Author:平嶋健太郎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
先日の台風の暴風にやられて枝や葉が傷ついたためか、
館の敷地にある桜の木に、花が付いていました
さくら  さくら2


毎年、台風シーズンには各地のマスコミで取り上げられるネタですね。
植物が台風で受けたダメージに反応してしまうのでしょう。


もちろん季節は秋、明日は秋分の日、お彼岸ですね

当館の展示も秋らしい展示が増えて来ています!


たとえば玄関ホールの秋の鳴く虫のコーナー

厳密には鳥や哺乳類のように「鳴く」、や「泣く」ではありませんが、
音を出す秋の虫、ということで 
童謡でもおなじみの面々が。
バッタ  バッタ2
くつわむし
クツワムシやキリギリスの仲間は、昼は物陰に隠れて見つけに気のですが、夕方には鳴くことも・・・・?
特にクツワムシは、とても小さな虫から出ている音とは思えない、大音量ですよ!

クツワ卵
また、成虫は見らえずとも、今年はクツワムシが卵を生んでいるので
卵ならいつでも観察できます!
私は最初、土に埋もれた草の種子かと思いました(笑)


受付窓口の横にはドングリで作った人形たちが展示されています

来月のどんぐりの工作行事の練習も兼ねての作品たちです!!
どんころ


さて
秋はハゼ釣りのシーズンでもあります。

調子が良ければ、紀の川でも半日程度で3束狙えますから、
展示に、食欲のために、釣らない手はありませんね!!(笑)

もちろん、死滅回遊魚も忘れていません!

なかなか時間が作れませんが、
来週のゆかし潟での行事が、楽しみです!

来週は24日(月)開館、25日(火)は休館日で、26日(水)かあ開館です!
スポンサーサイト

2018/09/22(土) 13:24 |
今年も標本作品展が開催中です(9月末日まで)。

標本作品展3

夏休みやそれまでに蓄積した「標本」の数々を出品して頂き
展示しております。
標本作品展1 標本作品展2


ちょっとびっくりする様な標本から、
アイデアいっぱいの研究、展示物までありますので
是非ご覧ください!


モチノウオ
ドブガイ
大水槽には、モチノウオが仲間入りです。

淡水魚水槽には、巨大なドブガイが!

國島学芸員が採取してきたみたいです。
二枚貝の飼育は難しいですよね~



2018/09/17(月) 12:16 |
はやくも9月が10日を迎えようとしています!

夏休み中に、やってしまおうと思っていた透明標本つくりですが、
完成の手前で止っていました(汗)
透明1
まだ皮を取り除いていない状態ですが、悪くはないですね。
(コブシガニ以外は(笑))

カメ(ミシシッピアカミミガメ)は、子供だったこともあって、少々骨がばらけ気味(汗)
エビスダイは、表皮を取り除けば、グッと「透明感」が増すはず!
透明カメ  透明えびす

透明 さかた  透明サカタ頭部
サカタザメは、流石の透明感、というか軟骨感?青色が美しいです!


こちらは、ミミズハゼ類です。
脊椎骨数をみれば。。。。。。。。。。。。。 (笑)
透明 ユウスイ

そうです、
ユウスイミミズハゼです!!

飼育個体が、迂闊にも水カビにやられてしまい、一般的な液浸標本も難しいかな・・・・と思い
ちょっと勿体ないですが、透明に・・・・多分、世界で初めて(???)

まだ完成していませんけどね、もう少しです(グリセリンの在庫が気になる(汗))。


最後に透明標本ではありませんが、
先日、國島学芸員と串本等に採集に出た際の獲物のひとつ。

カタグロアゴナシ幼魚   カタグロアゴナシ幼魚2 

見つけた時は、「ツバメコノシロの子!」と思ていたのですが、
よくよく遊離軟条や胸鰭の分枝等を見てみると・・・・・

カタグロアゴナシのようです!

もちろんツバメコノシロの仲間ですが、
正式には和歌山初記録になるかも???です。

展示していたのですが、あいにく調子が悪くなってしまい標本に。

これだから、野外調査は止められない!!(笑)


2018/09/08(土) 13:48 |
台風21号が、あんまり よろしくない予想進路で近づいて来ていますね。
みなさま、お気を付け下さい。


先日、ついに南紀方面に魚類採集に行ってきました!!
國島学芸員と一緒です!
koza.jpg


那智勝浦町のゆかし潟中心に
汽水域、淡水域で生物採集です。

他にも、お客さんからいただいた生き物も併せて、ご紹介。

イトマンクロユリハゼ、  ヒフキアイゴ  タコクラゲ 
ハナハゼ幼魚? 
イトマンクロユリハゼの子ハナハゼ?の幼魚

タコクラゲは館の周辺にも現れます。


ちわら展示

國島学芸員が以前から飼育していたチワラスボもデビューです!


台風は、とても大きいようですので
みなさん、接近前から気をつけましょう!


こんな勢力のまま、紀伊水道を北上されたら、流石に当館も厳しい・・・・(汗)

2018/09/02(日) 15:17 |
台風とその余波の落ち着いた本日ですが、
皆様ご無事でしたか?


当館の方は目立った被害はありませんでした。


ただし、近隣の沿岸部は凄い量の落ち葉や流木等が打ち寄せていて、
近づきにくい場所も。


網を持って行ってみると・・・・・
クロホシマンジュウダイ稚魚  クロホシマンジュウダイ稚魚2   シマイサキ稚魚

見事に漂流ゴミに紛れたクロホシマンジュウダイのトリクチス期の幼魚
うっすらと筋模様が現れたばかりのシマイサキの稚魚がいました。

シマイサキはまだ小さくて、網の目から抜け落ちて、ずいぶん逃げられました。

他にもウシエビが少々。
オニカマスは、残念ながら見つけられませんでした


早速、展示です!
これから、こういう採集も楽しくなりますね。




2018/08/25(土) 16:32 |
検索フォーム
QRコード
QRコード