FC2ブログ

プロフィール

平嶋健太郎

Author:平嶋健太郎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
少しお休みを頂いて、休んできました。
花粉にやられて、きつくなっていたので、丁度ありがたかったです。


そこで、早速、魚取りに行ってきました!
(それって花粉の中に突っ込んでいるのでは・・・・?

詳しくは いずれご紹介するとして。

まずは、
ここのところ皆勤賞のように登場中のミミズハゼたち!
ミミズハゼ 3   ミミズハゼ 顔 

この時期に繁殖期を迎える種も多いので、
潮間帯などで石をめくるとたくさんいたりします!

また、ここ最近
静岡に続いて九州でもミミズハゼ類の報告が続いてて
和歌山も頑張らねば、と思います!!
(まずは、採集に行けるようにならないと(汗))



続いても、この方 
ミミズハゼの仲間です!

イドミミズハゼ  イドミミズハゼ 3 イドミミズハゼ 顔

イドミミズハゼです!
相変わらず、「別物感」漂う体色(笑)で、出てくると「ドキッ」とします!


さらに加入間もない(?)稚魚も確認しました!!
イドミミズハゼ 稚魚 遊泳
イドミミズハゼ 稚魚3


最後は、久々?のヨシノボリ類

ルリヨシ 顔

ルリヨシノボリです!!


まだ全長が30mmにならないぐらいの個体ですが、
良く見ると頬に瑠璃色の斑紋があります!



妙にルリヨシノボリばかり取れたのですが、
好きな種なので、良しとして、
必要以上はリリース!!
るりよし

まだまだ成長して、上流方向へ遡上していくことでしょう。

もう少ししたら、
花粉など気にしない状況で、思いっきりフィールドに出たいものです!!
(結局、花粉の中でも、採集していることを、今回証明しちゃいましたけどね)
スポンサーサイト




2021/02/26(金) 21:20 |
引き続き、ミミズハゼたちの紹介!

オスも繁殖期に入り、それなりに頭部の筋肉が発達してきています!
ミミズハゼたちの、筋肉隆々の頭部は、どういう効果があるのだろうか?
ミミズハゼ オス 顔

見た目(メスやライバルへのアピール?)、

実際に役に立つ?(産卵床を口で掘って作る)

オス同士の闘争?(口の大きさ比べや、噛みつきあいとか?)

色々考えますが、しっくりきません。

ミミズハゼ オス 2  ミミズハゼ オス 3


まあ、オス同士の縄張り争いの段階では、噛みつきあいなど有効かもしれませんね。

実際に噛みついている場面に出くわしたり、
ヒレや眼が傷ついた個体も多く見ます。

でも、いざ メスを誘うう段階では、あまり意味がないのかな??

ミミズハゼ メス熟卵 顔正面 

メスに聞いてみないと、分からないですね(笑)

2021/02/20(土) 16:54 |
本日は、すごい風と雨(朝方)でしたが、春は近づいてきています!

明日は、「雨水」ですね!

ミミズハゼ メス熟卵  ミナミヒメミミズハゼ メス熟卵 

ミミズハゼたちの繁殖行動も真っ盛り。

ミミズハゼやイソミミズハゼなどの求愛が盛んにおこなわれています。


お腹の大きなメスも ちらほら見えます。


アゴハゼ、ドロメも そろそろかな?
イソミミズハゼ メス3   イソミミズハゼ メス 


花粉はきついですが、生き物たちは待ってくれないので 動かねば!

2021/02/17(水) 17:40 |
先日いただいた 湯浅湾のダツたち!

独特の体型と、何より特化した頭部
(というか、頭部のほとんど口)!!


ダツ  湯浅湾

「やばいヤツ」を絵にしたような魚の一つです(笑)

もちろん、強い肉食(魚食)性で、
小魚などを追いかけて、鋭い歯が無数に付いた大きな口で捕らえて丸飲みです。

沖縄などでは、夜間の漁業などの際に、
このダツが明かり目指して水面上まで突っ込んでくる事故が、しばしばあるそうです。


ダツ  頭部大 
あいにく、最大個体は口先が折れていました。
特化型、故の脆さ、ですね。



中型個体が良い状態で、
まるで「シギウナギ」を思わせるような上顎と下顎の状態。

ダツ 頭部

ちなみに、このグループは背骨なども青緑色なので、
ちょっと解剖して観察してみても面白いですね。

学生時代は、釣ってよく食べました。


さらに おまけ
クロサギ類  

知る人ぞ知る、クロサギの仲間鳥類ではない)です。




海底の泥の中のエサを食べやすいように

こんな風に()、口が伸びます!!

クロサギ類 口 

口がこれだけ伸びると結構、人相(魚相)変わるので、ついつい やってしまいます(笑)

2021/02/14(日) 18:08 |
さて、
何かと忙殺される日々が続いていますが、
当館の「標本作品展」の作品受付期間になっていました!!


日曜(14日)まで、ですので、「我こそは!」と思われる方は、
是非に持ち込んでください。

受付は当館開館時間内に
チケット購入窓口の反対側付近(クジラの骨格標本の下あたり)で行いますので
お手数ですが、お声かけ下さい。

ヒゲハゼ標本  202012.23. 和歌浦湾 底曳網  キテンハタ  イソスズメダイ 幼魚   ミゾレブダイ 幼魚

もちろん、魚以外の標本でも歓迎です!!

かもしか2  かもしか3



シロウオの遡上、産卵が始まったようです!!
近隣の港では、チャガラが群れ始めた模様です!
シロウオ メス チャガラ

さて、
採集に行かねば!!!

2021/02/11(木) 12:58 |
検索フォーム
QRコード
QRコード